設置ってすぐできる?

地デジアンテナの設置は工事業者にお願いする事になります。引っ越し後にテレビが映らない状況ではすぐにでもテレビを見たいところですが、アンテナ設置には時間が掛かります。工事業者に設置工事を依頼する場合の、アンテナ設置までの流れを以下に挙げます。

まずは工事業者を絞ります。そして見積もりして工事業者と契約となります。このあと、現地調査が入り、工事日程を調整し設置工事となります。まず、工事業者を絞るいう点について。いきなり「ここ!」と決定してしまっても良いのですが、その際には「具体的な工事実績の事例が見つかるかどうか」、「第三者から評価されているか」をチェックしましょう。

工事業者の数をある程度絞ったら、見積もりをお願いします。業者によってはこの段階で現地調査に来てくれるかも知れません。こちらに細かく説明してくれる親切な業者を選びましょう。実際に工事業者と契約したら、担当者がこちらの自宅まで現地調査に来ます。その際に設置場所などの相談がありますから、実益と景観を配慮しつつ設置場所を決めましょう。

あとは工事日程を確認し、それから設置工事当日となります。このようにアンテナ設置工事は、「今すぐに」とはなかなかいかないのが現状です。ですから新築に引っ越す場合には、引っ越し前にアンテナ設置工事を終わらせてしまいましょう。引っ越し後しばらくテレビが見られない生活を送らずにすみます。

どんなところに設置できるの?

地デジアンテナの設置に際しては、その設置場所が重要となります。その設置場所で十分な電波を受信できない場合、その設置場所を選んだ意味が無いからです。実は最近ではアンテナ作成の技術も進歩していて、「室内に設置する」地デジアンテナというものも存在します。室内に設置する場合には高所での作業などが一切不要ですから、工事業者に設置工事を依頼する必要もありません。極めて便利な時代になりました。

ただ、室内設置タイプのアンテナは、かなり強い電波が届く場所でないと設置しても意味がありません。室内設置タイプのアンテナを購入してテレビが映らなかった場合、そのアンテナはただの「置物」になってしまいます。室内設置タイプのアンテナを購入する場合には、事前のチェックが必要なのです。

そのチェックの方法は、「携帯などのワンセグテレビが映るかどうか」をチェックする事です。もし室内でワンセグが映らない状況であれば、室内設置タイプのアンテナを設置しても「映らない」と断言できます。ただこの方法でも注意点があり、ワンセグが映ったからといって地デジが映るとは限りません。このように室内設置タイプは、多くの場合に利用できないのです。

やはりアンテナは従来通り、軒先や屋根上などの高所に置く事になります。具体的な設置場所は工事業者と相談の上で決めましょう。

地デジアンテナ設置に必要なこと

この記事では地デジアンテナの設置までの流れについて説明致します。まずそもそもの前提として、ケーブルテレビ以外のテレビは番組視聴のためにアンテナが必要です。新築住宅を購入した場合などには、アンテナの購入・設置を自分で行わなければなりません。

自分で行う、といっても自力で可能なのはアンテナの購入までで、設置工事は工事業者にお願いする事になります。以下に挙げる理由により、素人が地デジアンテナを自力で設置する事は困難です。地デジアンテナ設置が困難な理由は、三つあり、高所での設置作業になることやアンテナを電波塔の発信方向に向ける必要があること、そしてブースターで電波強度の調整が必要な点です。

まず、アンテナ設置工事は高所での作業が多くなります。素人では転落しないように細かな作業をする事は難しいでしょう。万が一高所から転落した場合には、最悪死に至ります。また、アンテナ設置工事は高所でアンテナを電波塔の発信方向に向ける必要があります。最近ではアプリなどで電波塔の方角が分かるようになったものの、素人では大まかな調整しかできないでしょう。

加えて、アンテナが受信する電波が弱い場合にはブースターで電波を増幅する必要があります。このブースターの調整も素人には難しく、満足な視聴環境を自力で完成させるのは難しいでしょう。以上の理由から、アンテナの設置工事は工事業者にお願いするのが無難です。またアンテナの購入に関しても、どのようなアンテナを購入するか悩んだ場合には家電量販店などで相談しましょう。