どんなところに設置できるの?

地デジアンテナの設置に際しては、その設置場所が重要となります。その設置場所で十分な電波を受信できない場合、その設置場所を選んだ意味が無いからです。実は最近ではアンテナ作成の技術も進歩していて、「室内に設置する」地デジアンテナというものも存在します。室内に設置する場合には高所での作業などが一切不要ですから、工事業者に設置工事を依頼する必要もありません。極めて便利な時代になりました。

ただ、室内設置タイプのアンテナは、かなり強い電波が届く場所でないと設置しても意味がありません。室内設置タイプのアンテナを購入してテレビが映らなかった場合、そのアンテナはただの「置物」になってしまいます。室内設置タイプのアンテナを購入する場合には、事前のチェックが必要なのです。

そのチェックの方法は、「携帯などのワンセグテレビが映るかどうか」をチェックする事です。もし室内でワンセグが映らない状況であれば、室内設置タイプのアンテナを設置しても「映らない」と断言できます。ただこの方法でも注意点があり、ワンセグが映ったからといって地デジが映るとは限りません。このように室内設置タイプは、多くの場合に利用できないのです。

やはりアンテナは従来通り、軒先や屋根上などの高所に置く事になります。具体的な設置場所は工事業者と相談の上で決めましょう。